病院との違う部分

フレームを持つカップル

妊娠したら病院に行く人も多いですが、助産院でも妊娠や出産のサポートをしてくれます。病院と助産院を混合している人も多いですが、違う点は多々あります。はっきりと違う部分は、病院には産婦人科の医師がいて、助産院には医師がいないことです。助産院は医師ではなく、助産師が対応してくれます。妊娠したら、エコー検査などの機器で赤ちゃんの状態を調べますが、このような機器は病院だけではなく、助産院にもあるので、検査内容などの部分では特に変わりはありません。最も違う部分は、医療行為ができるかどうかです。産婦人科医師がいる病院では、帝王切開などの医療行為を行なうことができますが、助産院は行なうことはできません。ただ、自然分娩の場合は、メスを使う機会はないので、病院でも助産院でも変わりはありません。そのため、病院で分娩する場合でも、助産師がサポートしていることも少なくありません。助産師に興味がある場合は、一覧で自宅から近い助産院を探してみると良いでしょう。一覧を見たり、評判を見たりすることで、人気の助産院を知ることができます。

助産院や病院を利用する時に、気になるのが費用の違いです。同じ分娩の内容でも、助産院や総合病院、個人病院など分娩する施設が変われば、料金も異なります。また、分娩方法が変われば、料金も変わります。自然分娩の場合は、助産院だと約420,000円〜510,000円、病院だと約430,000円〜600,000円となります。出産育児一時金として、出産にかかる費用を減らすことができます。このような手続きは、助産院や病院で行ないます。助産院によっても料金は異なるので、一覧を見て比較することが大切です。

© 2015 お母さんに優しい助産院の魅力〜一大出産イベント〜. Allright reserved. Terms and Condition | Privacy Policy
このエントリーをはてなブックマークに追加